読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死地を越えよ

22歳くらい

わかる。

私がよく使っている言葉の1つに「わかる」がある。友人(うち9.5割女)と話す時によく使う。自然と心から「わかるー」と言うこともあるし、意識して、つまり相手が共感を求めているであろうことから「わかるー」と言うこともある。男性に対して「わかる」を使うことの効果は定かではないが、女は共感を求める生き物なので、女同士のコミュニケーションにおいて「わかる」が果たす役割は大きいといえるだろう。

尚、以下より鍵括弧が面倒なので、(「わかる」→ワカル)と表記する。

 

しかしながら、ふと考えると、このワカルは重要な役割を果たすからして、また厄介なものである。女子には、他人にわかってほしい気持ちと簡単にわかられたくない気持ちがあるからだ。「どうして、わかってくれないの!?普通こうじゃん」と責めたてたい夜もあるし、一方で「私って実は○○じゃーん」「え~そうなの~知らなかった」と言われたい夜もある。「私って実は○○じゃーん」に対して、「あー確かにわかるわ、そういうとこある」と軽々しくワカルと言われた日には、「てめえに私の何がわかんだよ。こっちの気も知らないで」とはらわた煮えくり返る思いをするかもしれない。このようにワカルはたった3文字にして非常に複雑なのである。

 

また、一言にワカルと言っても、2通りの意味のワカルがあると私は思う。「男って~○×△じゃーん」に対して、ワカルという場合、「あなたの気持ちがわかるよ、私もそう思う」と「あなたの言っている意味はわかる、私は必ずしもそうは思わないけど」がありえる。まあ、女同士の会話において多くの場合は前者であるが。女同士はなんでもあなたの気持ちわかる~と言いがちなのである。現状。

 

そこで、問題なのだ。

私はワカルが大好きだ。愚痴に対してワカルと言われれば、自分一人だけの悩みじゃないんだと心強くなるし、他人の話にワカルと発するのは、あ~これあるあるなんだ~と思って盛り上がれる。しかし、先ほどの例に見るようにわかり過ぎてはいけないこともあるのだ。軽率にワカルワカルワカルと言ってはいけない。その人の気持ちは正確にはその人にしかわからない。結局は、ワカル=わかったような気になっているに過ぎないのだ。もしも、あなたが本当にワカルを愛しているなら、ワカルをたびたび使用しながらも、その使い方には十分に配慮しなくてはならない。

 

そして、間違えても他人のワカルを越えてはいけない