読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死地を越えよ

22歳くらい

リクエストLIVE@NHK aikoの「何歌う?」

音楽

aikoを聴きながら文章を吐き出す秋の夜長が大変に心地よい。

 

リクエストLIVE@NHK aikoの「何歌う?」2016年10月1日

 素晴らしかった。さすがファンによる選曲!私は投票していないのだが、きちんとファンのツボを狙ったセットリストだった。紅白歌合戦出られなくてもでいいから、毎年リクエストライブやってよー!NHKさん

【リクエストランキング】

  1. キラキラ
  2. えりあし
  3. Aka
  4. 桜の時
  5. シアワセ
  6. カブトムシ
  7. 未来を拾いに
  8. 二時頃
  9. ひまわりになったら
  10. かばん
  11. 自転車
  12. 花火
  13. Power of Love
  14. 気付かれないように
  15. ロージー
  16. 二人
  17. be master of life
  18. 星のない世界
  19. シャッター

花火、カブトムシ、ボーイフレンドがダントツ上位にならないところがファンランキングらしい。歌ったのは、①恋をしたのは②桜の時③瞳④えりあし⑤未来を拾いに⑥キラキラ⑦be master of life⑧カブトムシ 私は、『桜の時』と『えりあし』が特に嬉しかったなあ。

 

『えりあし』が本当にモンスターソング。おそろしい。ぶったりしてごめんねで始まる。切ないメロディ・恋の歌で「ぶったり」から始まるなんて!と何度聞いても思ってしまう。”ぶったりしてごめんね 愛しくて仕方なかった” たまらない。美しい。ああ美しい。妹も「ぶったりしてごめんねってどういうことなんだろう」と言っていた。ぶったりしてごめんねには万人が引っかかってしまう。ぶったりしてごめんねぶったりしてごめんねぶったりしてごめんねぶったりしてごめんね(ウルサイ)あああああ!

そして、”時は経ち目をつむっても歩けるほどよ あたしの旅 季節に逆らい想い続けて今もあなたを好きなまま””5年後あなたを見つけたら背筋を伸ばして声を掛けるね” この気持ち、失恋後誰しもが思うのではないだろうか。男の友人も『えりあし』が大好きと言っていた。えりあし恐るべし。髪の毛を表す『えりあし』をなにか不思議な呪文に変えてしまうようなタイトルだ。

 


aiko-『えりあし』music video short version