死地を越えよ

22歳くらい

2016-11-14から1日間の記事一覧

『蹴りたい背中』

綿矢りさの『蹴りたい背中』を読んだ。 ”このもの哀しく丸まった、無防備な背中を蹴りたい” 長谷川初実は、陸上部の高校1年生。ある日、オリチャンというモデルの熱狂的ファンであるにな川から、彼の部屋に招待されるが…クラスの余り者同士の奇妙な関係を描…